ハスと雨粒とセイジクリーム...そのウラで。

雨が止み、だいぶ時間が経過したが...。

一部のハスの葉には雨粒が残っていた。

左下の大きな葉には雨粒が集まって出来た大きな水塊が、昔見たアニメの一場面のように葉の上で揺れている。

これを写真で表現したかったのだが...。

個人的にはただでさえハードル高いのに、電車も入れてとなるともう至難の業レベル...。

ハスとのコラボは花も葉っぱも奥が深いと改めて痛感。


2017.8.7 東武東上線 武蔵嵐山~小川町
スポンサーサイト

どんよりと...。

8月に入り、なかなか晴れない。

しかしセイジクリームが寄居運用に入っている事実を知ってしまうと、天気がどうであれじっとしていられない...。

さすがに水天宮祭りの翌日はカメラを持たなかった。

その反動で...?小雨模様の翌々日、どんよりとした玉淀へ...。

2017.8.7 東武東上線 鉢形~玉淀

寄居玉淀水天宮祭と東上線(その9)

花火大会開始直前。

今回撮影ラスト1本かつメインでもある玉淀18:56発Y1876が鉄橋を渡る。

露出が厳しく、この列車のみISO1600で撮影。

「セイジクリームをこの風景で撮影出来た...!」

喜びを噛みしめながらも急いで撤収、仕事場へ直行した...。




今回の撮影行を9枚連続でUPしてみて、早くも「来年は...」とイメージが膨らむ。

提灯メインで考えると「勝負列車」はY1873.Y1871.Y1876の3本。

来年は電車で現地入りし、舟山車周囲でビール飲みながら待機の上、撮影。

その後は。

花火大会を満喫するか...。

8000と花火コラボの可能性に賭けて寄居駅、鉢形駅、玉淀鉄橋周辺に移動するか...。

1年後が待ち遠しい!!






2017.8.5 東武東上線 鉢形~玉淀

寄居玉淀水天宮祭と東上線(その8)

玉淀18:47着予定のY1871が鉄橋を渡る。

祭典の何かだと思うが、小舟が姿を現した。

こちらは鉄橋に集中しているので、どこから出てきてどこへ向かったかは定かでない。

ただこれを知っていたら、電車よりも小舟にピントを合わせれば良かったかも...。


2017.8.5 東武東上線 鉢形~玉淀

寄居玉淀水天宮祭と東上線(その7)

玉淀18:38着予定のY1873が数分遅れて鉄橋を渡る。

やっと提灯に明かりが灯り始めた。

2017.8.5 東武東上線 鉢形~玉淀
NEXT≫
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR